プレミアム・インセンティブショーと東急ハンズとLoftと巡っていろいろリサーチしてきました

お疲れ様です。よんです。

福島の空にかかる虹。福島よさらば。

先のブログで福島へ行った記事を書いたのですが、その翌日に今度は東京へ向かいました。はい。弾丸のごとく。

朝8時の新幹線に乗り東京へ向かいます。新幹線の中から福島の空に虹が見えました。さらば福島。また来たいですね。

池袋で開催中のプレミアム・インセンティブショーへ

東京へ到着して、まずは池袋に向かいました。池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターで開催されているプレミアム・インセンティブショーへ参加するためです。このイベントは販促物がメインの展示会でかなり大きな規模のイベントでした。同じ場所で毎年印刷業界のイベント「PAGE」も開催されており、以前参加したことがあるのですが、それと同等かそれ以上の規模のようです。

プレミアム・インセンティブショーチケット

余談ですが、入場する前に昨日から行動を共にしていたコンサルタントの先生の紹介で招待チケットを株式会社トーダイ様より頂戴しました。この度はありがとうございました。

株式会社トーダイ様はホテルやレストラン向けの金属洋食器などを取り扱っておられます。このイベントにも出展されており、このあとブースにもお邪魔したのですが、とても品がよく、オシャレな食器類が並べられていました。

 

プレミアム・インセンティブショー展示会入り口受付け

早速、受付けでチケットと名刺を渡していざ中へ。

残念なことに展示会の中は写真撮影が禁止…本当に残念。

会場の雰囲気などはプレミアム・インセンティブショーの公式サイトよりご覧下さい。

ブースは文化会館2・3・4階で開催されていました。1階ごとにブースが所狭しと並んでおり、1つの階を回りきるだけでもかなり時間がかかります。私達は時間が限られているため足早に回っていたのですが、それでもやはり面白そうな販促物があれば足を止め説明に聞き入ってしまうものですから、遅々として進まず…。だって本当に面白いんですもん。

販促品と言っても様々で、それこそボールペンやクリアファイルという定番から、一風変わったうちわ、名刺、カレンダーなど。意外だったのが食品系のブースも多く出展されていました。ギフトとして贈るものだったりイベントなどのキャンペーンに活用するパッケージサービスとしての取り扱いが多いようです。

安芸ん堂もこの1年はいろいろなイベントに出展していたので、見るもの全てが参考になりました。販促の商品もそうなのですが、展示ブースのデザインや見せ方、商品の陳列の仕方、接客の仕方などブースにより様々。やはり東京のほうのこうした展示会イベントは地方のそれとは違うように感じます。なんと言うんでしょう…洗練されていると言ったほうがいいかもしれません。圧倒されるばかりですけど今後の参考になるためリサーチリサーチ!

時間の関係上、2階と3階を回るので精一杯だったのですが、にもかかわらず受け取ったサンプルやチラシの山…。このあとにまだまだ行くところがあるのに…これどうしよう、というぐらい受け取ってしまいました。

サンプルは一部ですが、このようなものをいただきました。本当にごく一部です。

プレミアム・インセンティブショーの販促品

カレンダーや変わったうちわ、クローバーの種など、個人的に面白かったのが、お米の名刺「おこめいし」です。画像右上にあるんですが、1合分のお米が真空パックされて入っており、袋にはキャンペーンだったり名刺の印刷がされています。

お米の名刺「おこめいし」

よく見ると表面はお米の感触ででこぼこしています。ブースの人曰く、「必ず受け取ってもらえますよ!」とのこと。間違いないですね。これ地元のお米をパッケージしてくれたりするのかな?

 

渋谷の東急ハンズとLoftへ

次に向かったのは渋谷。この時点でみんなけっこう足にきてます。日頃の運動不足もたたっています。多分ですが、地方の人より都心の人のほうが健脚なんじゃなかろうかと思う今日この頃。地方は車移動がほとんど。都心は電車移動ですが、そこから歩きますからね。私も自転車は乗りますが、普段はあまり歩かない…いかんいかん運動しなければ。

さて、渋谷駅に重い荷物は預け、まずは東急ハンズへ向かいます。渋谷の東急ハンズとLoftは実験的に商品を取り扱うらしく、地方の方では見られない新商品が置いてあるのだとか。ただ、お店の人に聞いてみるとそういう専用のコーナーがあるわけではなく、商品カテゴリごとに置いているようなので、どこにどれがというのを探すのは難しいとのこと。残念。

TOKYU HANDS 東急ハンズ渋谷店

東急ハンズの中は広いです。B2〜F7まであるんですが、それぞれ1階ごとにA・B・Cのステップフロアになっており、商品数の多さが伺えます。

全部は見て回れないのでワークショップ、DIYのフロアへ向かいます。

安芸ん堂の商品開発に使えるものがないか物色するひまごん。どうやらよいものを見つけたようです。

それにしてもユニークな商品が並んでいます。たまごアートとは…?

東急ハンズはワークショップ的なものを見つけるには最適かもしれません。面白い商品がたくさんあります。さて、時間が押しているので次はLoftへ向かいます。

 

こちらが渋谷のLoft。入り口の頭上で歯車がめまぐるしく動いています。すごいな…。

Loft 渋谷店

中は別空間かと思うほどオシャレでした。そしてきれい。商品の陳列がきれい。あまりそういう視点で店舗を見たことなかったんですけど、本当にきれいです。

そして商品数すごいですね。それをうまく見せています。私、素人ですけど。いや…素人目にもこれだけ購買意欲掻き立てられるんですからやっぱりすごいんだと思います。

ここでもちょっとよいものを見つけたので買いました。いや、ていうか折り紙ばっかりなんですけどね。おりづるアクセサリ用にいろいろ買ってみました。

Loftは時間の都合上1階のフロアしか見られなかったのですが、新幹線の時間があるので東京駅へ向かいます。時間がなくお昼ごはんを食べていませんでした。お腹減りました…。

とにかく荷物を回収しつつ東京駅へ向かいます。移動に次ぐ移動。足がそろそろ悲鳴を上げています。ここから限られた時間でお土産探しの戦場が待っていました。帰りの新幹線でみんな力尽きました。

 

終わりに

あっという間の2日間でしたが、とても有意義で濃密な時間でした。広島から福島へ向かい、第一印刷さんと交流を深め、そして東京で商品リサーチ。普段なかなかできない経験を思いっきり詰め込んだ2日間。とてもよい経験をさせていただきました。特に第一印刷さんとの交流はかけがえのないものだったと思います。自分たちがまだまだなんだということを自覚し、自分たちが目指すべき目標を見せつけられたという思いです。

安芸ん堂は本格的に活動を始めて1年が経ちます。ようやく1年という思いと、まだ、たったの1年…という思いがありますが、この1年はとても貴重な1年でした。今回の出張も、この1年の経験も今後に活かしていけるようにこれからも取り組んで参ります。

 

おまけ

今回、個人的に東北新幹線に乗れたことが嬉しかった。超個人的な感想です。今回乗ったのはE2系やまびこでしたが、道すがらすれ違うE5系はやぶさ、E6系スーパーこまち、E7系かがやき…感動です。子供みたいですね(笑)

私は全然電車に興味なかったんですが、私の息子たちが電車や新幹線が大好きで、図鑑やDVDを散々一緒に見せられた結果、新幹線にすごく詳しくなってしまい、今回の実物を見れたことで何故か感動してしまいました。やっぱり実物は違うなと。なんで西日本には走っていないのか…。大人でも感動するんですから子供が見たらいったいどれほど喜ぶことか。いつか見せてあげたいなと心に誓うのでした。

ああ…できることならE5系はやぶさに乗ってみたかったな。

写真は、E5系はやぶさとE3系つばさです。他は時間がなくて撮れませんでした。残念です。帰って写真を見せてあげたら「父ちゃんずるい!」と非難轟々だったのは言うまでもありません。

E5系新幹線 はやぶさ E3系新幹線 つばさ

▼こちらの記事もオススメです