江田島が香るドライフルーツのルーツ~島彩しまいろ~

こんにちはaiです。

読書の秋の次はやっぱり食欲の秋。
今回は女子力が上がる、気分も上がる、
インスタ映え必至の美味し~いものを紹介します。

無添加、低温乾燥、県内産にこだわった自然素材のおいしいもの。
江田島が香るドライフルーツのルーツをお送りします!

広島港から江田島へフェリーでGo!

社長(取材兼運転手)、よん(取材兼カメラマン)、ひまごん(取材兼ショップ掲載交渉)、ai(取材兼にぎやかし)の4人で江田島へ向かいました。広島市内から江田島へ行くのは、宇品港からフェリーで、約40分の船旅です。

宇品港から三高港へ、乗り場はこんな感じです。aiたちは車ごとフェリーに乗り込みました。通勤通学でフェリーを使っている方もいらっしゃいます。瀬戸内海の島あるあるな光景です。江田島で作っている美味しいドライフルーツには一体どんなストーリーがあるのでしょうか。

江田島産ドライフルーツのルーツ

さて一行は、島彩(しまいろ)さんのオフィス兼作業場へ到着しました。入るなり果物の良い香りに包まれます。いつもいい香りがしているなんてしあわせな職場ですね~。
朗らかな関戸さんがこちらの代表者です。お話を伺ってみましょう。

江田島で島彩のドライフルーツができた訳

「もともと起業する気はなかったんです」と語ってくれた関戸さん。大都会大阪から広島にIターンしてきたのが18年前。その後、海の近くで暮らしたくて江田島へとやって来ました。

江田島は瀬戸内海に浮かぶ温暖な気候の島で、特産品にみかんやオリーブ、トマトなどがあり、美味しい野菜や果物が自慢です。

みかん農家を営む人も多く、関戸さんもご近所のみかん農家さんから、毎年たくさんのみかんをいただいていました。いただくばかりでは心苦しいから、お返しをさせてほしいと言いましたが、みかん農家さんからは「規格外品だから気にしないで」と言われたそうです。
話を聞いてみると、みかん農家さんでは、なんと年間10~40コンテナにもなる規格外品ができてしまうそうなんです。規格外と言っても多少の傷や大きさの違い程度。味は出荷されるものと同じなのです。

自然の中で育つみかんに規格外品ができてしまうのは仕方がない。でも、同じように手をかけて育てているのに出荷できないのはもったいない。関戸さんは、いつもおいしい野菜やみかんをおすそ分けしてくれる近所の方々に、自分ができることで恩返しをしたいと思いました。そこで規格外になってしまった島で採れる美味しい果物をドライフルーツにして、売り出してみようと考えたのです。

商品開発の中でこだわった自然の甘さ

思い立ったが吉日。関戸さんは商品開発に取り組みました。
ヘルシーで、地域の素材を活かす。そして体に良いものを・・・
ドレッシング、ジャム、その他・・・と色々考えました。市場性についても調べ、
そして思考錯誤の結果、自然の甘さを楽しめる島彩のドライフルーツが誕生しました。そんな島彩のドライフルーツは2017年の2月に製造開始し、4月から販売開始されたできたてほやほやのルーキーです。

 

島彩のドライフルーツ生産は江田島の地域貢献に繋がっている

いつも地域の人に助けてもらっていて、感謝しかないと笑顔で語ってくれる関戸さん。今、日本は少子高齢化により、島も人口が減り、廃校になる学校が増えています。江田島も例外なく過疎化が進み、高齢者率が50%を超えています。

そんな中、この島彩では、現役を終えたシニアの方々に働く場を作っています。現在4名のシニアの方が交代で働いておられます。元々それぞれ職業のプロフェッショナルで、働くことを大事にされるので、仕事が丁寧なんだそう。長年の経験やこだわる姿勢は、島彩にとって強みの一つとなっています。企業と地域のシニア雇用において、うまいことウィンウィンの関係になってますよね。みんなが笑顔になる地域貢献すてきですよね~

そして、島彩は、こんな活動が認められ、第19回地域活性支援制度幸運(グッドラック)賞を受賞しました。

「アクティブベースくれ、7事業者に助成 地域産業を支援」
日本経済新聞(2017年11月27日(月)記事)

島彩の今後の展望

広島を大事にしながら、今後都市部に向けて販路を拡げていく予定で、大企業ができない手間暇をかける生産を続けていき、本物の自然の美味しさを日本中に発信したいのだそうです。これには安芸ん堂も大賛成!江田島のいいモノを全国の人にも味わって欲しいです。 さらに来年には商品のラインナップも増えるのだそう!ドライベジタブルも開発中なのだそうですよ!楽しみですね~。

ドライフルーツのあなどれないおいしさ!

ドライフルーツってみなさんどんな場面で食べますか?aiはグラノーラで食べたり、ヨーグルトに混ぜたりして、スイーツの感覚で食べて満足していました。しかし、それはドライフルーツ界においては素人の食べ方だったのです。(もちろん基本的にはこの食べ方も美味しいのですがまぁ聞いてくださいよ)

ドライフルーツってお茶にもなるんです!


取材の日関戸さんが出してくれたのは、ドライフルーツを使ったホットレモンwith江田島のはちみつでした。レモンのドライフルーツにお湯を注ぎ、20~30秒。レモンの香りがどんどんしてきます。放っておいたらどんどん味が変わって苦みが出るので、好みの味になったらレモンは取り出してと言われたけれど、aiはレモンの苦みも好きなのでそのまま放置。うん!大好きな味。ドライフルーツにお湯を注ぐだけで、ハーブティー状態になりました。少しはちみつとしょうがを入れたら、しょうがレモンに早変わり。美味しいホットレモンでほっと一息。冷え性の女子はオフィスで大活躍間違いなしですね。冷え性のaiですが、このホットレモンを飲んだ後しばらく体がポカポカでした。

自然な甘さは子どものおやつにも最適

aiは5歳の子どもを育てています。島彩のドライフルーツは天然の甘さを楽しむために、砂糖は極力使わないのだそう。使用する糖分はてんさい糖をほんの少しだけ。aiも子どもに安心して食べさせられます。子どもに食べさせてみましたら、「いっぱい噛んだら味がしてくる~」と 一丁前に 言っていました(笑)

お酒のおつまみに最高なんです!

オリーブオイル、クリームチーズと相性抜群の島彩のドライフルーツ。そのまま食べてもおいしいけれど、ちょっとおしゃれに料理しましょ。シャンパンやワインに合うおしゃれなタパスが出来上がり。女子会にコレを持って行ったらヒーローになること間違いなしです。イチジクのドライフルーツは料理にも良く合い、インスタ映えもばっちりです。特に島彩のドライフルーツは、化学的な添加物を一切使用していません。本物の自然な甘さに身も心もほっこりします。

皮つきのドライフルーツは健康にも良いんです!

皮つきのドライフルーツってホントに見た目がカワイイですよね。綺麗に乾燥されていているものなんて、アートです。(え?なんでもかんでもカワイイって言うな?おしゃれなものやキレイなものを見るとつい言っちゃうんですよね~)

果物って皮のところが一番香りが強いんですって。しかも皮と身の間に一番栄養素があるので、皮つきは貴重なんです。aiはつくづく思うんですが、見た目がきれいなものってたいてい美味しいです。愛情を掛けて丁寧な処理をされているからなのでしょうね。

ドライフルーツをおしゃれにSNSで発信しよう!

食べて美味しい、撮っておしゃれなドライフルーツは、SNSにぴったり!今流行のインスタ映えもバッチリです。どんどんアップしちゃいましょ!

島彩のfacebook、Instagramではドライフルーツを使った食べ方のレシピを公開していますよ。
島彩HP 島彩Facebook 島彩Instagram

ちなみに安芸ん堂の facebook、Instagram、Twitterでも発信中!

年代問わず大人気の食感!レビューをご紹介

安芸ん堂でも社内で試食会をしてみました。試食会では、そのまま食べる。オリーブオイルをつけて食べる。クリームチーズと一緒に食べる。という、スイーツにもなるし、おつまみにもなる食べ方で試してみました。

それではレビューの一部をご紹介。

びわやみかんは珍しい。レモンは紅茶に入れて飲みたいです。(30代女性)
びわは口の中で甘さが拡って好きです。イチジクは歯ごたえあってよいです。レモンはそのままだと苦味があるけれど、好きな人にはお酒のお供になりそうです(30代女性)
びわが甘くておいしい(20代男性)
レモンが最初酸っぱくてインパクトがありましたが、クセになる感じです(40代男性)
びわが和食のアクセントに合いそう(50代男性)
いろんな料理に使えそう(20代女性)

安芸ん堂ショップで販売開始!

さて!ここまで読んでくれたあなたは、島彩のドライフルーツが食べたくて仕方ないハズ!
安心してください!安芸ん堂ショップでお取り寄せできることになりました!交渉人ひまごんグッジョブ!

まずは一度食べてみて欲しいです。口に入れた瞬間のほんのりした自然な甘さ。食べた後に残る果物の余韻。これは島彩独自のこだわりの味です。江田島の優しい味と香りをそのままお届けいたします。

※写真をクリックすると商品ページへリンクします

イチジク
648円(税込)20g 

広島県江田島産の無添加・無糖ドライイチジクです。無花果のプチプチする食感もたのしいですよ!クリームチーズをつけても、オリーブオイルをかけても美味しいです。

 

 

みかん
648円(税込)20g 

広島県江田島産のみかんをドライフルーツにしました。てんさい糖をほんの少しふりかけて、やさしい甘みに仕上げました。そのままおやつにどうぞ。クリームチーズをのせてワインのおともにどうぞ。

 

 

びわ
648円(税込)17g 

広島県産のビワをドライフルーツにしました。ビワはバラ科なので同じバラ科のあんずと似た味わいですが、最後にビワの香りが出てきます。そのままで美味しいです!紅茶と白ワインで煮て冷やしたコンポートもおススメです。

 

 

グリーンレモン
648円(税込)15g 

広島県江田島産 無添加 グリーンレモンです。スライスしてドライにしているのでそのままお使いいただけます。お湯を注ぐだけでホットレモンに! お料理にも水で戻さずにいろいろとお使いいただけます。

 

※島彩のドライフルーツは、全部で8種類あります。旬の季節毎に販売する商品は入れ替わります。販売品目は、みかん、金柑、甘夏、スイカ、イチジク、ビワ、グリーンレモン、アイミィトマトです。

 

▼こちらの記事もオススメです