宮島口マルシェで宮島口ちょこっと街歩き

こんにちはaiです。

安芸ん堂は9月24日の前回に引き続き、10月15日に宮島口マルシェに2度目の出店をしました。最初に出店した時の様子をブログに書いていますのでこちらもチェックしてくださいね~

『宮島口マルシェですてきな出会い』

なんですかね~日頃の行いがいいからでしょうか。
今回もまた晴天に恵まれましたよ~

 

かわいい雑貨が並んでます安芸ん堂ブース

安芸ん堂ブースでは、いつものおりづるアクセサリーや、国旗メモが並ぶ中、漢字メモ帳や、カープのベレー帽も登場しました。ブースにはリーフ系のグリーンを並べてみましたよ。

今が旬⁉カープベレー帽

aiがかぶっているのは、レビアンという広島のアパレルメーカーが作った「カープベレー帽」。色は赤と白の2色があります。前側に「CARP」のワンポイント。帽子の後ろ全面には「Let’s Go Carp」と刺繍されています。デザインもシンプルでかわいいです。サイズは約53cm~約58cmで、小さいお子さんから大人までOKなんです。サイズは後ろのリボンで調節できます。女の子ももちろんかわいいけれど、男の人がかぶってもおしゃれですよ~。

ちょっと硬めのしっかりしたフェルト素材です。柔軟剤に着け置きで自分好みの柔らかさにできるという本格的なベレー帽になっています。観戦だってカワイイは忘れたくない!

安芸ん堂が応援している広島のローカルアイドル I LOVE U@あいりちゃんがカープベレー帽のイメージモデルを務めています!かわいい~

球場でみんなより目立ちたい!
他の人とは違うものを身に着けたい!
そんなカープ女子にはピッタリ!
オシャレにかぶって、球場でみんなの視線を集めちゃいましょう!
カープ好きなあの人へのプレゼントにもGoodです!

こちらのベレー帽なんと安芸ん堂サイトでも期間限定販売中なんです。日本シリーズまでの限定販売なので、欲しい!と思ったらすぐにゲットしてください!

 【レビアンオリジナル】カープベレー安芸ん堂SHOP 

 

大人気!旅の思い出に手形足形アート

お隣のブースでは、手形足形アートというもの珍しい看板が。
どれどれちょっとのぞいてみましょう。

ちょこttoさんというかわいい女性が一人でやっていますよ。

%e6%89%8b%e5%bd%a2%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e8%a6%8b%e6%9c%ac

 

おお!これは!
子どもの手形や足形がなんと宮島の鹿や水族館のお魚になっている!
かわいい~そしてすごい発想力~!
かざり付けにはこれまたかわいいマスキングテープです。

%e6%89%8b%e5%bd%a2%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%8801

ちょこttoさんのブースには、小さなお子さん連れが来店されていました。
子どもさんが寝ている間に手形や足形をとっちゃおうという方も。
子どもと宮島に一緒に来たといういい記念になりますね~
あ~aiの子どももやってもらいたかったな~
子どもがそばにいればきっとお願いしたでしょうね。

この看板に使っている見本の手形足形のモデルはもしや・・・
そうです。ちょこttoさんのお子さんでした。

aiの子どもと歳が近かったので子育てトークで盛り上がりました。
(サボってるわけじゃありませんよ。あくまで情報収集です)

ベビーマッサージや、寝相アート教室もやっているそうで、かなり精力的に活動されています。お話しを少し伺ったら、aiと境遇が似ていました。子育てしながら、フルタイムで働く女性です。作品作りや、イベントの準備などは子どもが寝てからしているそう。わかります。子どもが寝てからが自分の時間ですもんね。

私も手形足型アートした~いという方
ちょこttoさんのイベントスケジュールなどは、ブログでチェックできますよ~

ちなみに、今回のブログの題名はちょこttoさんの名前もかけてます。わかりました?

 ちょこttoさんのブログはこちらから 

宮島口の街歩き

安芸ん堂ブースは、aiとひまごんとよんの3人がいました。いつもカメラマンをしているよんに、aiは気軽に「宮島口の写真でも撮って来てよ~風合い良く観光地のパンフみたいな写真よろしく~」と送り出しました。
そしたらなかなか帰ってこない。
まさか、aiが言い放った「パンフみたい」っていうお題に悩んでいるのでは?
まさか、宮島まで行けと言われたと思い、フェリーで渡っちゃったのでは?
とひまごんと心配していました。

しばらくして帰ってきたよんは、ちょっぴりお疲れ。写真を撮るのって結構大変なんです。ありがとうお疲れ様。(気軽に撮って来いと言った罪悪感で急にやさしいai)
カメラにはいい写真がいっぱい撮れていましたよ~

それでは宮島口の街歩きをご覧ください。

JR宮島口駅周辺


▲JR宮島口駅
 
▲駅前すぐに三女神とコンビニ


▲三女神の隣にはコーヒーがおいしいオシャレなカフェが

JR宮島口駅です。電車を降りたらとてつもなくいい香りに包まれます。何かを焼いている香ばしいいい匂いを感じます。おいしそうないいにおいに誘われて、フェリー乗り場まで歩きましょう。

まずはaiたちがいる宮島口マルシェの会場、宮島口アンテナショップの三女神(さんひめ)です。JR宮島口を出てすぐ右側にあるコンビニの横のお店です。こちらでは手荷物も預かってくれます。朝10:00~夕方17:00まで500円~です。宮島に渡る前に大きな荷物は預けちゃいましょ。
そして宮島のお土産も販売していますよ。宮島の帰り道、お土産買い忘れちゃった~という方は、帰りのJRに乗る前に立ち寄ってくださいね。

安芸ん堂が出店させていただいた宮島口マルシェは、週末だけのマーケットです。その日その時だけに集まった素敵なモノと、素敵な出会いを宮島の「お土産」に持って帰ってくださいね~

宮島口マルシェ→Facebookページ

 

いい香りの正体!「うえの」のあなごめし

JR宮島口駅からフェリー乗り場までは、地下道に一旦降りてくださいね。
地下もキレイで、広いです。エレベーターもありますので、ベビーカーや車いすも安心ですよ。


▲地下道は明るくてきれい


▲宮島口の交差点を渡りました

地上に上がると。行列が。
そう。あのいい香りの正体は、「うえの」のあなごめしだったのです。
こちらは創業明治34年の老舗。駅売弁当として販売したのがきっかけで、代々受け継がれ、平成の今日もいい香りを出し続けています。おいしいものは今も昔も変わりませんよね!


▲地下道を出てすぐにあります

 
▲老舗の「うえの」風情のある店構えです

あなごめしうえの→こちら

蘭陵王がお出迎え!宮島口のフェリー乗り場

フェリー乗り場の前にドドーンと光っているのは蘭陵王(らんりょうおう)の像です。
「蘭陵王」とは日本の雅楽の曲名の一つで、陵王とも言われるそう。

平清盛の時代から伝承されているニ十数曲の中の一つが雅楽・蘭陵王(らんりょうおう)だそうです。
舞楽「蘭陵王」について。北斉(中国)を治めていた蘭陵王長恭という人物はものすごく美青年だったそうです。その優しい美貌を隠しおそろしい龍の仮面をつけて戦い、大勝したため、歌になり語り継がれたものだそうです。仮面をとったら実はイケメンだなんて!伝説になるはずです。

蘭陵王について→こちら

宮島の玄関フェリー乗り場

宮島に渡るには、フェリーに乗るしかありません。
「蘭陵王」 を正面に見て右側にJRフェリーがあり、左側に松大汽船の乗り場があります。

  
▲松大汽船(左)、JR宮島フェリー(右) 

え~どっちがいいの?なんて思いますが、どちらも料金は一緒。
JRフェリーは大鳥居の近くを通る便があります。(PASPY ICOCAが使えます)
松大汽船は本数が多いみたいです。(PASPYが使えます)
aiはどちらもそれぞれ好きです。 往復切符を買わずに行きと帰りを別々に乗るのも楽しいかもしれません。宮島まではたったの10分程度。それでもフェリーに乗るのは大人になってもワクワクしますよね。

宮島へのフェリー代金(JRフェリー、松大汽船同金額)

  片道 往復
大人 180円 360円
子ども 90円 180円

宮島松大汽船HP

JR宮島フェリーHP

 

街並みを楽しみましょう

宮島口は厳島神社の玄関口です。厳島神社が世界文化遺産に指定されたことも手伝って、国内外の観光客が毎日訪れます。宮島まで渡ると観光地ど真ん中なのですが、宮島口は少し広島の地元っぽい風情が残っています。

行楽シーズンになりますと、観光地でお昼ごはんを食べるのも大変な状態になりますよね。宮島口で渡る前にランチを済ませるのも手です。あなごめしや、牡蠣、お好み焼き屋さんもありますよ。
お弁当を買って行くという方も多いようです。
ちなみに、宮島にはコンビニがありませんからね。
始めて行かれる方は注意してください。

いかがでしたか?
これから宮島は行楽シーズンです。
宮島へ行かれる際には是非
JR宮島口駅前の宮島口マルシェにも寄ってみてくださいね~

▼こちらの記事もオススメです